NEWS (in Japanese)

お知らせ
『日経クロステック』(2021.11.12)にデジタルツインに関する研究が紹介されました

理科大のデジタルツイン講座始動「企業との共同研究で深めたい」
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/11654/


お知らせ
2021年11月11日~12日「HxGN LIVE JAPAN 2021」パシフィコ横浜会議センター

デジタルツイン技術の産業界定着に向けた戦略的な取り組みについての基調講演があります。
https://www.event-site.info/hxgn-live-japan-2021/program.html


最近の出来事
ジャーナル/大林航(修士2年)がAIPAdvance誌に掲載(Featured Articleに選出).

最近の出来事
非定常流れ場からの簡易渦構造同定手法に関する共著論文が可視化情報誌に掲載.

最近の出来事
第20回進化計算学会研究会(オンライン)    

航空交通流の最適化に関する共著論文の発表/関根將弘(修士2年)


最近の出来事
日本機械学会2021年度年次大会(オンライン)    

プラズマアクチュエータの流れ制御に関する共著論文の発表/関本諭志(客員研究員)


最近の出来事
The 25th International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2020+1) (オンライン)

数値シミュレーション関連の成果に関するKeynote講演


最近の出来事
ASME 2021 FEDSM(オンライン)

2件の共著論文発表: 回転するタイヤから発生する空力音響の解析/浅田健吾(助教),小型軸流ファンの空力騒音源の分析/大林航(修士2年)


最近の出来事
航空交通モデルの開発に関する特集が計算工学誌に掲載.

最近の出来事
50th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering(InterNoise2021)(オンライン)

軸流ファンの騒音低減化に関する共著論文の発表/大林航(修士2年)


最近の出来事
デジタルツインに関する解説記事が計算工学誌に掲載.

最近の出来事
ジャーナル/関根將弘(修士2年)がアクセプトされ,IEEE Accessへの掲載が決定.

最近の出来事
日本機械学会名誉員に推挙

お知らせ
藤井孝藏・立川智章著「Pythonで学ぶ流体力学の数値計算法(オーム社)」重版(第4刷)発刊.
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274224706/

お知らせ
藤井孝藏「流体力学の数値計算法(東大出版会)」重版(第10刷)発刊.
http://www.utp.or.jp/book/b302203.html/

最近の出来事
AIAA Scitech Conference

プラズマアクチュエータに関する3件の共著論文発表: フライト試験/米田洋教授(帝京大),3次元風洞試験/関本諭志(PD研究員,現東京農工大),機械学習を利用したフィードバック制御/下村怜(東京農工大,D3)


最近の出来事
JST未来戦略ワークショップにてコメンテータ

最近の出来事
第1回東京理科大デジタルツインラボラトリ推進WG開催

最近の出来事
第34回数値流体力学シンポジウム(オンライン)

2件の共著論文発表: 機械学習を利用した小型ファンの騒音予測/大林航(修士1年),プラズマアクチュエータとガーニーフラップによる流れ制御/稲向隆(修士1年)


最近の出来事
理科大宇宙教育プログラムにて講演「ロケットを知る」(オンライン)

最近の出来事
日本機械学会第98期流体工学部門講演会(オンライン)

1件の共著論文発表: 低次元化モデルを利用した小型ファンの騒音予測/大林航(修士1年)


最近の出来事
学術会議の科学者委員会・学術体制分科会幹事としてとりまとめた「第6期科学技術基本計画に向けての提言」を学術会議から発出

最近の出来事
北見カーリングホール開業記念フォーラム「北見から世界へカーリングが拓く地域の未来」
のパネルディスカッションにオンラインで登壇(北見市,北海道新聞北見支社主催)

お知らせ
オーム社から藤井孝藏・立川智章著「Pythonで学ぶ流体力学の数値計算法」が発刊.
11月に重版(第2刷),12月に重版(第3刷)刊行が決定.
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274224706/

最近の出来事
(株)VinasのVinas Users Conference2020にて基調講演(オンライン)

講演タイトル「大規模・高解像度シミュレーション時代におけるデータ分析と可視化ーCFDとAI・データサイエンスー」


最近の出来事
学術会議の会員として6年間の務めを終了.科学者委員会,機械工学委員会委員長などを修了,10月1日から連携会員に.

最近の出来事
日本機械学会年次大会(オンライン)

1件の共著論文発表:プラズマアクチュエータのフライト試験/関本諭志(PD研究員)


お知らせ
HPCwire/JAPAN に「わがスパコン人生」の取材結果が掲載

以下のサイトにインタビュー記事あり
https://www.hpcwire.jp/archives/34511