経歴・学術活動

    

略歴

1980年 3月 東京大学大学院工学系研究科航空学専修博士課程修了(工学博士)
1981年 10月 NASAエイムス研究所 National Research Council(NRC)研究員
1984年 4月 科学技術庁 航空宇宙技術研究所 空気力学第2部 研究官
1986年 7月 同 主任研究官
(1986年7月 - 1987年10月までNASA エイムス研究所 シニアNRC研究員)
1988年 3月 文部(科学)省 宇宙科学研究所 宇宙輸送研究系 助教授
1997年 7月 同 教授
2003年 10月 組織変更により(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
宇宙科学研究本部 教授
2012年 4月 JAXA宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系 教授
(東京大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授を兼務,7/1997 - 3/2015)
2015年 4月 JAXA宇宙科学研究所を定年退職し,東京理科大学工学部教授 現在に至る.
現在,JAXA名誉教授

その他の兼職

・(株)アルゴグラフィックス 非常勤役員(監査役)(2018-)
・Intelligent Light (NJ, U. S.) technical adviser (2017-)

現在の主な学術活動

所属学会 AIAA (米国航空宇宙学会,Fellow),
ASME (米国機械学会,Fellow),
IEEE,
日本機械学会(名誉員5.2021,フェロー),
日本航空宇宙学会(名誉会員,フェロー),
日本流体力学会(フェロー),
日本計算工学会(フェロー),
日本可視化情報学会など
各種学術活動 ・文部科学省研究振興局HPCI計画推進委員会委員(座長代理)(20??より)
 同「富岳」課題推進WG委員(2021.2-)
・理化学研究所国際評価委員会委員(Riken Advisory Council member) (2019.?-)
・HPCI選定委員会委員(??)
・日本工学アカデミー会員
・日本学術会議 連携会員(2020.10−)
・文部科学省 科学技術政策研究所科学技術動向センター専門調査員(2001-)

・Executive board member ICCFD (International Conference on Computational Fluid Dynamics) (2016-)
・General Council member, International Association of Computational Mechanics (IACM) (2004-)
・Regional Editor, Notes on Numerical Fluid Mechanics and Multidisciplinary Design (1991-)
・Editorial Board Member, International Journal of Computational Fluid Dynamics, Taylor and Francis (2011-)
・Editorial Board Member, Applied Science, MDPI (2021-)
・日本流体力学会誌「ながれ」Editor (2018-)

最近の招待講演・基調講演など

  • K. Fujii, “Cellular Automation Air Traffic Flow Simulators toward Efficient and Robust Managements”, 1st International Conference on Artificial Intelligence and Data Analytics in Air Transportation (AIDA-AT 2020), Singapore (Invited Keynote lecture), Feb. 2020.
  • K. Fujii, “Three flow structures behind flow control authority of DBD-PA: What we learned from high-fidelity simulations and related experiments”, European Mechanics Society, Delft, The Netherlands, Mar. 2018 (Invited Plenary talk).
  • K. Fujii, “Extract-based and In Situ Methods for HPC Enabled CFD”, ASME FEDSM 2017, Hawaii, U.S.A., Aug.2017
  • K. Fujii, “Large-Scale LES Simulations Analysis Required in Real Industrial Applications Aero-Acoustics and Flow Separation Control as Two Representative Examples,” 1st TILDA Symposium & Workshop on Industrial LES & DNS, Toulouse, France, Nov. 2016. (Invited Plenary talk)
  • K. Fujii, “Large-scale LES simulations on K computer for the flow separation control toward aerodynamic design innovation,” 27th International Conference on Parallel Computational Fluid Dynamics, Montreal, Canada, May 2015. (Invited Plenary talk)

研究費

1.研究進行中の外部資金
  • 2018- 2021 科学研究費補助金 基盤研究(A)電気的マイクロデバイスによる動的空力制御の研究とフライト実証 (研究代表者)
  • 企業共同研究(Hexagon M. I., トヨタ自動車(株),JR東海(株),ミネベアミツミ(株),マツダ(株) )
2.過去に獲得した外部資金(主なもの)
  • 2018 – 2020 (新型コロナの影響で繰り越し -2021)科学研究費 基盤研究(A) 電気的マイクロデバイスによる動的空力制御の研究とフライト実証(研究代表者)
  • 2017 – 2019 科学研究費 特別研究員奨励費 (海外研究員招聘) バリア放電を利用した大規模流れ制御の機構解明と風車用革新ブレード設計への展開(研究代表者)
  • 2016 – 2019 ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発 堅牢な輸送システムモデルの構築と社会システムにおける最適化の実現(研究代表者)
  • 2015 – 2017 科学研究費 基盤研究(A) DBDプラズマアクチュエータの実利用に向けた性能実証に関する研究(研究代表者)
  • 2012 – 2014 科学研究費 基盤研究(A) プラズマアクチュエータ制御における局時流れ機構と制御パラメータ策定に関する研究(研究代表者)
  • 2011 - 2015 次世代スーパーコンピュータ戦略プログラム,課題4-A, 輸送機器・流体機器の流体制御による革新的高効率・低騒音化に関する研究開発(研究代表者)
  • 2008 – 2010 科学研究費 基盤研究(A) 局在流れに着目したプラズマアクチュエータ流れ制御に関する研究(研究代表者)
  • 2005 – 2005 科学研究費 基盤研究(C) 分子センサーによる高クヌッセン数流れの総合的解明(研究分担者)
  • 2005 – 2007 国立情報学研究所委託研究 「最先端学術情報基盤の構築に関する研究開発と調査」(研究代表者)
  • 2004 – 2004 科学研究費 基盤研究(C) 流動ダイナミクスの環境・エネルギー・医療福祉問題への展開に関する国際会議の企画(研究分担者)
  • 2002 – 2005 科学研究費 基盤研究(A) 音速近くの流れの解明と制御(研究分担者)
  • 2001 – 2003 科学研究費 基盤研究(B) 宇宙輸送のためのCFDの信頼性検証に関する研究(研究代表者)
  • 1999 – 2003 振興調整費 知的基盤整備推進制度「機能性分子による熱流体センシング技術の研究開発」(研究分担者),③コンピュータ画像処理による熱流体情報の解析技術に関する研究(研究代表者)
  • 1996 – 1998 科学研究費 基盤研究(A) 惑星探査への気体力学の先端的応用(研究分担者)
  • 1995 – 1997 科学研究費 基盤研究(A) 航空宇宙工学用語標準化に関する調査研究(研究分担者)
  • 1993 – 1995 科学研究費 重点領域研究 「直接シミュレーションの数理」(研究分担者)
  • 1992 - 1996 振興調整費
  • 1991 – 1993 科学研究費 総合研究(A) 実用レイノルズ数域における乱流のモデリングと実験的・数値流体力学的検証(研究分担者)
  • 1989 – 1990 科学研究費 一般研究(B) 圧縮性解法による極低マッハ数および非圧縮性流れの効率的数値計算法の確立(研究分担者)
  • 1988 – 1989 科学研究費 重点領域研究「数値流体力学」超高速流れの解明とその応用(研究分担者)
  • 企業共同研究(三菱重工(株),石川島播磨重工(株),清水建設(株),富士重工(株),東芝(株),横浜ゴム(株),など)